新着情報

TOP > 新着情報

新着情報

2018.04.27

藤本京子先生が日本リウマチ学会総会でベストポスター賞を受賞されました。

第62回日本リウマチ学会総会にて膠原病内科 藤本京子先生がベストポスター賞を受賞されました。
おめでとうございます!

/system/upimg/files/IMG_7087.jpg

2017.10.25

一木昌郎先生の論文がOncoTargets and Therapyに掲載されました。

Preventive effect of kampo medicine (hangeshashin-to,TJ-l4) plus minocycline against afatinib-induced diarrhea and skin rash in patients with non-small cell lung cancer

/system/upimg/files/f_OTT-145613-preventive-effect-of-kampo-medicine--hangeshashin-to--tj-14-_102417_39001(1).pdf

2017.10.18

岡元昌樹先生の症例報告がInternal Medicine に掲載されました。

岡元昌樹先生の A case of Dental Technicians´ Pneumoconiosis  が
Internal Medicine に掲載されました。

/system/upimg/files/advpub_8860-17.pdf

2017.10.16

時任高章先生共著のPACIFIC STUDYがNEJMに掲載されました。

時任高章先生が9月9日に欧州臨床腫瘍学会(ESMO:European Society Medical Oncology)で発表した
PACIFIC STUDYがNEJMに掲載されました。

/system/upimg/files/PACIFIC.pdf

2017.04.25

横山俊伸先生の論文がPublishされました。

2017.04.25

GPA case reportがinternal Medicine誌に Publishされました。

2017.04.03

真玉豪士先生による論文がInvest New Drugsに掲載されました

真玉豪士先生による抗がん剤Pemetrexedによる薬剤性再生不良性貧血の報告の論文が
Invest New Drugsに掲載されました。

/system/upimg/files/aplastic anemia by PEM.pdf

2017.04.03

佐賀大学の出原先生らとのIPFにおける単量体ペリオスチン測定に関する論文がPLOS ONEに掲載されました

佐賀大学の出原先生らとのIPFにおける単量体ペリオスチン測定に関する論文が
PLOS ONEに掲載されました。

/system/upimg/files/PLoS ONE_2017_12(3)_e0174547_Ohta S_Monomeric Periostin as biomarker for IPF.pdf

2017.03.21

澤田昌典先生の論文がNEJMに発表されました。

当科の澤田昌典先生がヘリオス所属、産学連携の立場から参画れしている、理研での
自家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞移植の論文がNEJMに発表されました。
NHKでも取り上げられました。

 
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170316/4724671.html

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1608368?query=featured_home

2017.01.24

吉田直実先生の論文がpublishされました。

吉田直実先生の論文がpublishされました。おめでとうございます。

抗ARS抗体、抗MDA5抗体と皮膚筋炎合併間質性肺障害の治療反応性との関連

抗ARS抗体は2014年、抗MDA5抗体は2016年に保険適応となった新しい皮膚筋炎関連自己抗体であり、
その臨床意義の研究が進んでいます。我々は、抗ARS抗体陽性の皮膚筋炎合併間質性肺障害では1年間の
治療効果が良好であること、抗MDA5抗体は急速進行性の間質性肺障害には関連するが、1年間の治療効果
には無関係であることを示しました。
Corresponding author 岡元先生より

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28012490

2016.12.05

強皮症論文がPub Medに掲載されました。

2016.10.21

富永正樹先生の論文がRespiratory Medicine Case Reportsに掲載されました。

2016.07.29

平成28年度石橋学術振興基金助成金交付

海江田信二郎先生、東公一先生が平成28年度石橋学術振興基金助成金の交付を受けられました。

2016.07.14

山田一彦先生の論文がCancer Chemotherapy and Pharmacologyに掲載されました

2016.07.06

東公一先生がAnnals of Oncology賞を受賞されました。

2016.06.16

山田一彦先生の論文がAnticancer Researchにpublishされました

2016.06.15

吉田直実先生の論文がInternal Medicine誌に掲載されました

Internal Medicine
 Vol. 55 (2016)  No. 12  p. 1653-1659
 
An Autopsy Case of Anti-melanoma Differentiation-associated Gene-5
Antibody-positive Clinical Amyopathic Dermatomyositis Complicated by Rapidly
Progressive Interstitial Lung Disease



https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/55/12/55_55.6055/_article

2016.05.02

増田健先生 医学生・研修医の「日本内科学会ことはじめ」にて優秀演題に採択されました

増田健先生の演題が4月16日の「医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016東京」にて優秀演題賞を受賞されました。

タイトル
【抗ARS抗体、抗MDA5抗体が皮膚筋炎合併間質性肺障害の治療反応性に与える影響の解析】

2016.03.10

加來庸一郎先生が平成27年度久留米大学学術奨励賞を受賞されました

2016.01.12

時任高章先生の論文がEuropean Journal of Cancerに掲載されました。

2016.01.07

名取宏記先生の論文がPubMedに掲載されました。

2015.11.13

岡元昌樹先生の業績がJSI News letter Vo.24 No.1に掲載されました

2015.08.25

田中緑先生、石井秀宣先生らの論文がInvestigational New Drugsに掲載されました

2015.07.21

山田一彦先生の論文が European Journal of Cancer に掲載されました。

A prospective, multicentre phase II trial of low-dose erlotinib in non-small cell lung cancer patients with EGFR mutations pretreated with chemotherapy: Thoracic Oncology Research Group 0911.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26174465

2015.05.26

当科の業績が、特定非営利活動法人 西日本がん研究機構(WJOG)から表彰されました

2015.05.08

井田弘明先生が編集されました書籍「自己炎症症候群の臨床」が出版されました。

2015.03.18

田尻守拡先生の論文がRespirology Investigationに掲載されました。

Serum level of periostin can predict long-term outcome of idiopathic pulmonary fibrosis

Tajiri M, Okamoto M, Fujimoto K, Johkoh T, Ono J, Tominaga M, Azuma K, Kawayama T, Ohta S, Izuhara K, Hoshino T

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25745852

2015.03.09

外山貴之先生が第74回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部春季学術講演会 育成賞臨床研究部門を受賞されました。

第74回日本呼吸器学会・日本結核病学会 九州支部 春季学術講演会 
育成賞(臨床研究部門)受賞

外山 貴之(医療法j人清和会 長田病院呼吸器内科勤務)

題目:「禁煙が呼吸機能に及ぼす短期的効果についての検討」

2015.02.25

海江田信二郎先生がノバルティス ファーマ研究助成に採択されました

ノバルティス ファーマ研究助成  
題目:関節炎における新規サイトカインIL-38の役割

2015.02.17

木下隆先生の論文がEur J Radiolにアクセプトされました

Paired maximum inspiratory and expiratory plain chest radiographs for
assessment of airflow limitation in chronic obstructive pulmonary disease.

Kinoshita T, Kawayama T, Imamura Y, Sakazaki Y, Hirai R, Ishii H, Suetomo M,
Matsunaga K, Azuma K, Fujimoto K, Hoshino T.

Eur J Radiol. 2015
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Paired+maximum+inspiratory+and+expiratory+plain+chest+radiographs+for

2015.02.13

岡元昌樹先生 ふくおか臨床医学研究賞を受賞

岡元昌樹先生がふくおか「臨床医学研究賞」を受賞されました。おめでとうございます。

2015.02.08

徳永 佳尚先生が、第7回福岡県医学会総会 ポスター優秀賞 研修医部門を受

徳永 佳尚先生が、第7回福岡県医学会総会 ポスター優秀賞 研修医部門を受
賞しました。

学会HP
https://www.fukuoka.med.or.jp/igakukai/

2014.12.15

海江田信二郎先生の論文がInternal Medicine誌に掲載されました。

Cricothyroid Perichondritis in a patient with dermatomyositis

Shinjiro Kaieda, Naomi Yoshida, Akiko Idemoto, Hiroaki ida

https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/53/24/53_53.3015/_article

2014.12.03

木下隆先生ががん研究助成金 奨励賞を受賞されました。

木下隆先生が公益財団法人福岡県すこやか健康事業団 がん研究助成金 奨励賞を受賞されました。

研究課題:閉塞性肺疾患患者における原発性肺癌の発症メカニズムの解析

/
/system/upimg/files/2014.pdf

2014.11.26

岡元昌樹先生がPneumo Forum優秀賞を受賞されました

岡元昌樹先生が第23回Pneumo Forumで優秀賞を受賞されました。
演題名:血清ぺリオスチン値はIPFの増悪の予測マーカーである
/system/upimg/files/Pneumoforum program.pdf

2014.11.13

石井秀宣先生の論文がJournal of Thoracic Oncology に掲載されました。

Significance of programmed cell death-ligand 1 expression and its association with survival in patients with small cell lung cancer.

2014.09.03

末友仁先生の論文がRespiratory Investigationに掲載されました

COPD assessment tests scores are associated with exacerbated chronic obstructive pulmonary disease in Japanese patients. Suetomo M, Kawayama T, Kinoshita T, Takenaka S, Matsuoka M, Matsunaga K, Hoshino T. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25169844

2014.08.20

東公一先生の論文がOncotarget誌に掲載されました。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25115383 FGFR1 activation is an escape mechanism in human lung cancer cells resistant to fatinib, a pan-EGFR family kinase inhibitor. Azuma K, Kawahara A, Sonoda K, Nakashima K, Tashiro K, Watari K, Izumi H, Kage M, Kuwano M, Ono M, Hoshino T.

2014.07.23

東公一先生の論文がAnnals of Oncologyに掲載されました

Association of PDL1 overexpression with activating EGFR mutations in surgically resected non-small cell lung cancer.
Azuma K, Ota K, Kawahara A, Hattori S, Iwama E, Harada T, Matsumoto K, Takayama K, Takamori S, Kage M, Hoshino T, Nakanishi Y, Okamoto I.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25009014

2014.07.01

海江田信二郎先生の論文がProc Natl Acad Sci U S Aに掲載されました。

IL-33/ST2 axis promotes mast cell survival via BCLXL

2014.07.01

海江田信二郎先生の論文がInternal Medicineに掲載されました。

A Subcutaneous Panniculitis-like T-cell Lymphoma Mimicking Dermatomyositis

Shinjiro Kaieda, Akiko Idemoto, Naomi Yoshida and Hiroaki Ida

https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/53/13/53_53.2458/_article

2014.04.15

吉田直実先生の論文がInternal Medicineに掲載されました

吉田直実先生の論文がInternal Medicineに掲載されました。

Facial and Laryngeal Edema in a Patient with Dermatomyositis
Naomi Yoshida,  Shinjiro Kaieda,  Sohei Yoshimura,  Hiroaki Ida

https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/53/8/53_53.2142/_article

2014.04.02

武岡宏明先生の論文が Jpn J Clin Oncolに掲載されました

Jpn J Clin Oncol. 2014 Mar 30.
Phase I Study of Carboplatin Combined with Advanced Non-squamous Non-small Cell Lung Cancer.
Takeoka H, Yamada K, Azuma K, Zaizen Y, Yamashita F, Yoshida T, Naito Y, Okayama Y, Miyamoto M, Hoshino T.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24688087

2014.03.06

石井秀宣先生の論文がOncology Lettersにacceptされました

Ishii H et al. Pulmonary Metastasis Predicts the Efficacy of Erlotinib Treatment
 in Patients with EGFR Mutation-negative Non-small Cell Lung Cancer

2014.02.06

東公一先生の論文がPLoS Oneに掲載されました。

Humoral Immune Responses to EGFR-Derived Peptides Predict Progression-Free and Overall Survival of Non-Small Cell Lung Cancer Patients Receiving Gefitinib. Azuma K, Komatsu N, Hattori S, Matsueda S, Kawahara A, Sasada T, Itoh K, Hoshino T.http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24497964

2014.02.06

加来庸一郎先生の論文がPLoS Oneに掲載されました。

Overexpression of CD163, CD204 and CD206 on Alveolar Macrophages in the Lungs of Patients with Severe Chronic Obstructive Pulmonary Disease. Kaku Y, Imaoka H, Morimatsu Y, Komohara Y, Ohnishi K, Oda H, Takenaka S, Matsuoka M, Kawayama T, Takeya M, Hoshino T.http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24498098

2014.02.02

山田一彦先生の論文がJapanese Journal of Clinical Oncologyに掲載されました。

山田一彦先生の論文がJapanese Journal of Clinical Oncologyに掲載されました。Feasibility Re-evaluation of 75 mg/m2 Docetaxel in Japanese Patients with Previously Treated Non-small Cell Lung Cancer. Yamada K, Takeoka H, Mizoguchi Y, Yamashita F, Yoshida T, Zaizen Y, Okayama Y, Naito Y, Azuma K, Hoshino T. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24482414

2013.12.25

小田華子先生の論文がAnnals of Allergy, Asthma&Immunologyに掲載されました

Interleukin-18 expression, CD8(+) T cells, and eosinophils in lungs of nonsmokers with fatal asthma. Oda H1, Kawayama T, Imaoka H, Sakazaki Y, Kaku Y, Okamoto M, Kitasato Y, Edakuni N, Takenaka S, Yoshida M, Iwanaga T, Kato S, O'Byrne PM, Hoshino T. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24331389 おめでとうございます。

2013.10.23

海江田信二郎先生の論文がModern Rheumatologyに掲載されました。

Successful treatment of macrophage activation syndrome in a patient with dermatomyositis by combination with immunosuppressive therapy and plasmapheresis http://informahealthcare.com/doi/abs/10.3109/14397595.2013.844402

2013.10.15

赤垣大樹先生 日本呼吸器学会育成賞受賞

2013年10月12日福岡市で開催されました第71回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部秋季学術講演会で日本呼吸器学会育成賞を受賞されました。 演題:安定期COPD患者の管理におけるCATスコアの意義 おめでとうございます。他にも研修医 片桐知明先生が 原発性肺癌に対する化学放射線療法施行数年後に乳び胸をきたした一例 温リリ子先生が心膜原発悪性中皮腫の一例 徳永佳尚先生が炎症性乳癌の経過をとった肺癌乳房転移の一例を発表しました。指導に当たった木下先生 田尻先生 石井先生 今村先生お疲れさまでした。/system/upimg/files/image.jpeg/system/upimg/files/写真 4.JPG

2013.09.10

東公一先生第53回呼吸器学会学術講演会ベストプレゼンテーションアワード受賞

東公一先生が第53回日本呼吸器学会学術講演会 ミニシンポジウムでベストプレゼンテーションアワードを受賞しました。おめでとうございます。/system/upimg/files/東先生.pdf

2013.08.26

今岡先生の論文がAllergology Internationalに掲載されました

Increased Serum Levels of Soluble IL-18 receptor Complex in  patients with Allergic Asthma.  Imaoka H, Takenaka SI, Kawayama T, Oda H, Kaku Y, Matsuoka M, Sakazaki Y, O'Byrne PM, Hoshino T. Allergol Int. 2013

2013.08.14

研修医 戸次将史先生が第70回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部春季学術講演会(平成25年6月28日 長崎市)にて、育成賞 症例報告部門を受賞されました

研修医 戸次将史先生が第70回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部春季学術講演会(平成25年6月28日 長崎市)にて、育成賞 症例報告部門を受賞されました

2013.08.13

坂本(松本)萌子先生の論文がKurume Medical Journalに掲載されました

坂本(松本)萌子先生が当科研修中発表された症例報告がKurume Medical Journalに収載されました。https://www.jstage.jst.go.jp/article/kurumemedj/advpub/0/advpub_MS61004/_article

2013.08.08

島松文恵先生 東公一先生らの論文がPLOS ONEに掲載されました

島松文恵先生 東公一先生らの論文がPLOS ONEにアクセプトされました。                                         "Prognostic value of EGFR mutation and ERCC1 in patients with non-small cell lung cancer undergoing platinum- based chemotherapy" was recently published in PLOS ONE and is available online at http://dx.plos.org/10.1371/journal.pone.0071356.

2013.07.27

平成25年石橋学術振興基金助成金受賞

岡元昌樹先生 海江田信二郎先生が平成25年度石橋学術振興基金助成金を受賞しました。

All rights are reserved by Department of Medicine, Division of Respirology, Neurology, and Rheumatology, Kurume University School of Medicine, 2013.