×

症例3

【症例】 88歳 女性

【主訴】
皮疹、食欲低下、四肢浮腫、嚥下機能障害          

【現病歴】        
20XX年1月3日頃より腰部の皮疹が出現し、潰瘍化したためM皮膚科を受診した。外用治療を行われたが手指の出血、皮疹の体全体への拡大を認めたため当院皮膚科を紹介受診した。2月より顔面浮腫、上下肢筋力低下が出現し当科紹介となった。2月中旬より四肢腫脹も出現し、精査・加療目的に入院となった。

【既往歴】
2008年:悪性リンパ腫、2015年:子宮体癌

【生活社会歴】飲酒歴・喫煙歴なし          

【家族歴】
父:脳出血、姉:心筋梗塞、姉:胃癌、兄:心疾患、息子:2型糖尿病

【入院時現症】
身長:155 cm, 体重:52 kg, BT:36.8℃, BP:127/64mmHg, HR:81bpm RR:16/分, SpO2:97%(room air)

外来に来たときの手の写真を示す。鑑別疾患に何を考えてどうのように検査を進めますか?また、どういう所見に注意して診察しますか?

[身体所見]
皮膚所見では、 Gottron徴候(+)、Mechanic's hands(-)、逆Gottron徴候(±)、手掌紅斑(-)、爪周囲紅斑(+)、爪上皮出血点(+)、体幹部・四肢の浮腫性紅斑(+)、Vネック徴候(+)、ショールサイン(+)。 両側大腿四頭筋痛があり、Gowers徴候が陽性。 MMT: 頸部屈筋 3、三角筋 3/3、上腕二頭筋 4/4、上腕三頭筋 4/4、 橈側・尺側手根屈筋(手関節屈曲) 4/5、尺側・長・短橈側手根伸筋(手関節伸展)5/5、 腸腰筋 3/3、大腿四頭筋 4/4、大腿屈筋群 5/5、 腓腹筋・ヒラメ筋(足関節底屈) 5/5、前脛骨筋(足関節背屈) 5/5

[血液検査]
[CBC]RBC 4.24×10^4 /μL, Hb 12.8 g/dL, Ht 38.5%, MCV 90.8 fL, WBC 7400/μL(桿状核球 1.5%, 分葉核球 80.0%, リンパ球 7.5%, 好酸球 1.5%, 好塩基球 0%), Plt 22.7×10^3 /μL [生化学・電解質]AST 108 U/L, ALT 46 U/L, LD 475 U/L, ALP 177 U/L, γ-GT 18 U/L, BUN 20.0 mg/dL, Cre 0.46 mg/dL, eGFR 92.8 mL/min./1.73㎡, Na 141 mmol/L, K 4.2 mmol/L, Cl 104 mmol/L, CRP 0.43 mg/dL, CK 2316 U/L, アルドラーゼ 17.1 U/L,血清ミオグロビン 960 ng/mL,T.Pro 5.28 g/dL, Alb 2.88 g/dL, TG 72 mg/dL, IgG 1033 mg/dL, IgA 123 mg/dl, IgM 290 mg/dl,CEA 2.0 ng/mL,CA19-9 18.4 U/mL,CA125 11.8 U/mL,KL-6 201 U/mL

[免疫]
抗核抗体定量 <40 倍, 抗SS-A/Ro抗体 (-), 抗SS-B/La抗体 (-), 抗U1-RNP抗体 (-), RF <1 IU/mL, C3 101 mg/dL, C4 19 mg/dL, 抗ARS抗体 (-),抗MDA5抗体 (-)、

入院後経過・考察 診断:
抗TIF1-γ抗体陽性皮膚筋炎 入院時近位筋優位の筋力低下、筋痛、筋疲労感を認め、皮膚には両側手指Gottron徴候、爪周囲紅斑、爪周囲出血点、Vネック徴候、ショールサイン、体幹の紅斑を認め、CRP軽度上昇、筋原性酵素の上昇を認め、さらに抗TIF1-γ抗体 130 INDEXと高値であり、Bohan and Peter診断基準および厚生労働省診断基準を満たし#1と診断した。悪性腫瘍に関しては既往歴として悪性リンパ腫、子宮体癌があり、再発の所見は認められなかった。悪性腫瘍は明らかではなく2月24日よりプレドニゾロン(PSL)30mg/日を開始し、減量していく過程で再増悪したため、タクロリムス(TAC)1.5mg/日を併用し安定した時点で転院とした。

研究・カンファレンスのご案内

2018.05.23

6月21日(木)パーキンソン病学術講演会 in 久留米 のご案内

6月21日(木)19:30~ 萃香園ホテル 2階 鶴の間 にて開催されます。



All rights are reserved by Department of Medicine, Division of Respirology, Neurology, and Rheumatology, Kurume University School of Medicine, 2013.

研究・カンファレンスのご案内

2018.05.23

6月21日(木)パーキンソン病学術講演会 in 久留米 のご案内

6月21日(木)19:30~ 萃香園ホテル 2階 鶴の間 にて開催されます。



All rights are reserved by Department of Medicine, Division of Respirology, Neurology, and Rheumatology, Kurume University School of Medicine, 2013.